東伏見まで2時間かかるので、ホッケーの事を考えた事を少しまとめてみました。

『観ればハマる。』アイスホッケー関係者が長年言っていることだ。それは間違いなと思う。ただし、アイスホッケーだけで無く全てのスポーツに当てはまる事でもある。
問題は、1歩目のハードルが高い。寒くないの?ルールは?何処で行ってるの?
ググっても、日本アイスホッケー連盟、ウィキペディアが最初の方にくる。アジアリーグって?  日本のリーグは?状態である。この難問をクリアしても、大都市である東京近郊で試合が無いのが、問題だ。

明るい兆しは、横浜や北海道(札幌)にチームを作る動きがある。
現在辰巳国際水泳場は5000人の観客関がある。東京オリンピック後に辰巳がリングに成った場合、左右だけでなく4面に観客席が出来き1万近く人なるでしょう。
そうなった時にアイスホッケーは使用できるのか?ってかそんな所で試合したいよね。

辰巳国際リンク、1万人満員に!!!

つづく???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です